自由が丘消化器・内視鏡クリニック

アクセス 電話アイコン電話する

胃内視鏡検査
(胃カメラ)

Esophagogastroduodenoscopy

胃内視鏡検査(胃カメラ)Esophagogastroduodenoscopy

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)とは、正式には上部消化器内視鏡検査と呼ばれ、咽頭、喉頭、食道、胃、十二指腸を調べる検査のことです。
自由が丘消化器・内視鏡クリニックでは、がん研究会有明病院で、がんスクリーニング(がんの拾い上げ)を専門としている内視鏡学会専門医・指導医が検査を行っています。
当院の内視鏡検査は、微小がん・早期がんの発見を重視する立場から、精度や正確性が高い検査を期すために、特殊光(NBI)と拡大機能を合わせ持った最新の経口内視鏡を使用します。そのため、経鼻内視鏡は使用しておりませんが、鎮静剤・鎮痛剤などを使用することで、楽にお受け頂くことが可能です。
また内視鏡検査を通じて、ピロリ菌感染の可能性についても診断します。そこで必要があれば詳しい検査を追加して、正確な感染の有無を診断します。

内視鏡検査に抵抗がある方も、自由が丘消化器・内視鏡クリニックで一度受診して頂ければ、意外と苦しい検査ではないと感じて頂けると思います。 当院は、目黒区自由が丘駅から徒歩2分と通いやすいクリニックです。お気軽にご相談ください。

当てはまる方は胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けましょう。

  • 心窩部(みぞおち)や上腹部の痛みがある方
  • げっぷ、胸焼け、むかむか、胃もたれがある方
  • 喉や胸のつかえ感がある方
  • 健康診断でピロリ菌を指摘された方
  • 検診や人間ドックのバリウム検査で異常を指摘された方
  • 体重が減ってきている方
  • 貧血を指摘されている方
  • タバコを吸う方
  • アルコールをよく飲む(すぐに赤くなる)方
  • 過去に胃潰瘍や十二指腸潰瘍を言われたことがある方
  • 血縁者で胃がんがいる方
  • 40歳以上の方で胃内視鏡検査を受けたことがない方

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)の特徴

1. 高精度な内視鏡検査

院長はこれまで、がん研究会有明病院で、膨大な数の消化器の早期がんを取り扱い、先端的な臨床研究をしてきました。内視鏡検査の精度については安心してお受け頂けます。

  • 未分化型早期胃がん(スキルス胃がんの初期段階)を扱った研究では、その内視鏡像、NBI拡大観察所見(精密診断所見)や内視鏡治療後の長期予後について、世界で初めて英論文化しております。発見が難しいとされているスキルス胃がんの初期病変の拾い上げを非常に得意としております。
  • 最近増加している、ピロリ菌の除菌後に発生する胃がんについても、内視鏡専門のトップジャーナル(米国・国際誌)で研究成果を発表しており、5mm以下の微小がんの発見を得意としております。
  • 食道がんや咽頭がんの経験についても豊富ですが、発見が比較的難しい咽頭がんについては、その肉眼的特徴や治療法選択に関しての英論文を発表しており、見逃されやすい病変の特徴についても熟知しております。
  • 比較的珍しい十二指腸の腺腫・がんについても、それらの形態学や自然史、治療予後に関する英論文が、米国の消化器病一流誌に採用されています。
    同論文は、「これだけは読んでおきたい消化器内視鏡医のための重要論文200篇」(シービーアール社)において、これまでに世界中で発表されてきた十二指腸に関する重要論文5編のうちの、1編として選出されています。

これらの食道がんや胃がんなどの早期がんは、定期的な内視鏡検査(胃カメラ)を行っていれば早期に発見でき、外科手術をすることなく内視鏡での治療が可能です。
このような微小がん・早期がんについての知見を得るには、がん専門病院などで長年にわたり診療・研究するなどの特殊な経歴が必要であり、それが当院の強みであると考えています。

2. 苦痛を軽減した検査

自由が丘消化器・内視鏡クリニックでは、鎮痛剤・鎮静剤を使用することにより眠った状態で内視鏡検査を楽に受けられます。鎮痛剤・鎮静剤はひとりひとりに合わせて使用量を調整します。また検査中にはおなかが張りにくい炭酸ガスを使用するなど、苦痛を最小化する努力をしております。

3. 感染症に配慮した安心で衛生的な検査

自由が丘消化器・内視鏡クリニックでは、処置具を全て超音波洗浄機とオートクレーブという機器によりしっかり滅菌し使用しています。学会が定めたガイドラインに沿った消毒衛生管理をしておりますので、安心してお受け頂けます。また、必要に応じてディスポーザブル製品(1回切りの使い捨て)も使用しております。

胃内視鏡検査(胃カメラ)の流れ

検査時間は通常10分程度ですが、組織を採る場合や状態により個人差があります。
胃内視鏡検査の流れは次の通りです。

1.検査予約
胃内視鏡検査(胃カメラ)をご希望の場合、電話などでも検査予約が可能ですが、腹痛や膨満感、貧血などによる症状が強い場合には、事前に外来の受診をお願いさせて頂くこともあります。
2.検査前日
夕食は21時までに済ませてください。
お水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。
3.検査当日
・常用している薬は検査予約時の指示通り服用してください。
・糖尿病の方は、検査当日の朝の薬は服用しないでください。
・お水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。
・指定された時間までに来院し、診察券・同意書を出し、受付をしてください。
4.検査
・貴金属類は外してください。
・ストレッチャーに横になり、鎮静剤を注射し、リラックスした状態で検査を行います(鎮静剤を希望しない場合注射はしません)。
・検査を実施します(所要時間は10分程度です)。
5.検査後
・検査終了後はリカバリールームで休んで頂き、その後、医師より検査結果の説明があります(鎮静剤を使用しない場合はリカバリールームで休む必要はございません)。
・鎮静剤を使用した場合は、検査後の車の運転は出来ません。

胃内視鏡検査(胃カメラ)に関するFAQ

Q.胃内視鏡検査(胃カメラ)は苦しくないですか?

A.ほとんど全ての方が苦痛のない状態で胃内視鏡検査(胃カメラ)をお受け頂けます。口から喉を経て胃カメラを挿入するため、通常ですと不快感がまったく無いことはありませんが、自由が丘消化器・内視鏡クリニックでは、鎮静剤の使用により眠ったような状態(ウトウトとした状態)で検査を受けて頂きますので、ほとんど苦痛を感じることがなく、また検査中の不安感も抑えられますのでご安心ください。
また内視鏡検査中の苦しさは、実施する医師の技量や経験にも大きく左右されます。当院院長は、がん研究会有明病院内視鏡部・健診センターで10年以上の臨床経験を積んでおりますので、安心して検査をお受けください。

Q.鼻からの胃カメラ検査(経鼻内視鏡)は実施していますか?

A.経鼻内視鏡は実施しておりません。経鼻内視鏡スコープは細く、喉を刺激しないために楽に受けられるイメージがありますが、デメリットとして、経口内視鏡よりも画像や診断の精度が劣ることがあげられます。特に初期のがんは見た目が判りにくいため、その発見のためには、拡大装置を備えたより高精度な観察ができる経口内視鏡の方が適しています。そのため当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)では、検査精度を重視する立場から経口内視鏡のみ実施しています。
ただし経口内視鏡が太く、口から挿入するからといって、検査が苦しいという訳ではありません。上記にあるとおり、当院では鎮静剤により苦痛をほとんど感じずに検査を受けられます。

Q.食事の制限はありますか?

A.胃内視鏡検査(胃カメラ)をお受け頂く際には、胃の中が空になっている必要がありますので、前日夜10時以降は食事をしないでください。飲み物は、お水、お茶、スポーツドリンクであれば摂っていただけます。検査終了後は、のどの麻酔が切れるまで1時間ほど飲食ができません。

Q.胃内視鏡検査(胃カメラ)にかかる時間は?

A.胃内視鏡検査(胃カメラ)にかかる時間は、検査全体で20~30分程度で、実際に内視鏡(カメラ)が体内に入っている時間は10分程度です。

pagetop