自由が丘消化器・内視鏡クリニック

アクセス 電話アイコン電話する

大腸内視鏡検査
(大腸カメラ)

Colonoscopy

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)Colonoscopy

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)とは、肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの全大腸(一部小腸)を調べる検査のことです。

自由が丘消化器・内視鏡クリニックでは、がん研究会有明病院で、がんスクリーニング(がんの拾い上げ)を専門としている内視鏡学会専門医・指導医が検査を行います。

オリンパス社製の特殊光(NBI)・拡大機能を備えた最新機器を使用し、鎮静剤・鎮痛剤、炭酸ガスなどを併用することで苦痛を軽減しながら、正確な検査を実施しています。

厚生労働省は最近、がん統計において、男女合計1位は大腸がんであり、最近20年間で、大腸がんによる死亡数は1.5倍に増加したことを公表しました。
他方、大腸がんは、早期のうちに診断・治療がなされれば、100%近くの方ががんで死亡することなく助かります。
つまり大腸がんは、定期的な内視鏡検査により予防できるということです。
そのため大腸内視鏡検査は、30~40才の間に一度は受けておくことが望ましいです。

当てはまる方は大腸内視鏡検査を受けましょう。

  • 排便時に出血がある方
  • 便に血が混在している方
  • 検診で便潜血反応が陽性となった方
  • 貧血を指摘された方
  • 急激な体重減少がある方
  • おなかの調子が悪い方(腹痛、腹部膨満感など)
  • 便通異常がある方(便秘、下痢、便が細かい)
  • 過去に大腸ポリープを言われた方
  • 血縁者に大腸がんがいる方
  • 40歳以上の方で大腸内視鏡検査を受けたことがない方

当院の大腸内視鏡検査の特徴

1. 苦痛を軽減した検査
  • 直腸から盲腸までの最短経路を、内視鏡の軸に一致させるようにしながら、大腸のヒダを折りたたんで腸管を短縮し内視鏡を挿入する、軸保持法を採用しています。
  • 患者さんひとりひとりにあった、鎮静剤・鎮痛剤(静脈麻酔)の量を考慮することにより、より苦痛が少ない状態でお受け頂けます。
  • 大腸の中を観察する際には、小さなポリープなどの微細な病変を見逃さないように、大腸の中を空気で膨らませる必要がありますが、当院では炭酸ガスを採用しておりますので、おなかが張りにくく、より苦痛が少ない状態でお受け頂けます。
2. 経験豊富な検査医が施行します

院長の大腸内視鏡検査の経験症例数は約15,000件で、盲腸までの平均到達時間は2分20秒(中央値は2分以内)、腺腫発見率は40%以上を保持しており、技術的にも高水準です(医療法人社団おなかクリニックの内視鏡管理データより)。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の流れ

大腸内視鏡検査は腸内を内視鏡で直接観察する検査ですので、下剤により腸の中をきれいにする必要があります。
検査時間は通常10~15分程度ですが、腸の長さや状態により個人差があります。
ポリープ切除をする場合は、ポリープの数や大きさにより15~30分程度かかる場合もあります。
大腸内視鏡検査の流れは次の通りです。

1.検査予約
大腸内視鏡検査をご希望の場合は、基本的に、事前に外来を受診して頂きます。
2~3年以内に大腸内視鏡(大腸カメラ)をお受けになったことがある方や、便潜血検査陽性で無症状の方については、お電話のみの予約も可能です。
服用中のお薬を確認させて頂きます(お薬手帳をお持ちの方は持参ください)。
血液をサラサラにする薬を内服されている方は、必要に応じて検査数日前よりストップさせて頂きます。
2.検査前日
食事は、検査食を食べて頂くか、消化が良く大腸に残りにくい食事を摂取して頂きます。
夕食は21時までにお済ませください。
夕食後から就寝前にかけて、粒(もしくは液体)の下剤を内服して頂きます。
水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。
3.検査当日
・常用している薬は検査予約時の指示通り服用してください。
・糖尿病の方は、検査当日の朝の薬は服用しないでください。
・お水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。
・ご自宅で、洗浄液を1~2L飲んで頂きます。5-10回の排便により、便の性状が透明で黄色の水様になれば大丈夫です。(※全身状態などにより、院内での内服をお願いすることがあります)
・指定された時間までに来院し、診察券・同意書を提出し、受付をしてください。
・排便状態・性状などの確認をします。必要に応じて洗浄液の追加内服や、浣腸の処置が必要となります。
4.検査
・検査着に着替えます(貴金属類は外してください)。
・ストレッチャーに横になり点滴をしながら鎮静剤と鎮痛剤を注射し、リラックスした状態で検査を行います。
・検査を実施します(所要時間は観察のみの場合10~15分程度です)。
5.検査後
・検査終了後はリカバリールームで休んで頂きます。回復後、医師より検査結果の説明があります。
・検査後の車の運転は出来ません。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)に関するFAQ

Q.大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は苦しくないですか?

A.自由が丘消化器・内視鏡クリニックでは、鎮静剤の使用により眠ったような状態(あるいはウトウトとした状態)で、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けて頂きますますので、ほとんど苦痛を感じることがなく、検査中の不安感も抑えられますのでご安心ください。また、胃内視鏡検査(胃カメラ)とは異なり、検査中に会話することができます。お腹の中に癒着があったり、大腸が過度に長かったりする場合には、挿入時におなかが張る場合がありますが、その様な場合、医師にお伝え頂ければすぐに対応致しますので、ご安心下さい。

Q.食事の制限はありますか?

A.検査食を食べて頂くか、消化が良く大腸に残りにくい食事を摂取して頂きます。夕食は21時までにお済ませください。
夕食後から就寝前にかけて、粒(もしくは液体)の下剤を内服して頂きます。
水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。

Q.検査にかかる時間

A.検査時間は通常10~15分程度ですが、腸の長さや状態により個人差があります。
ポリープ切除をする場合は、ポリープの数や大きさにより15~30分程度かかる場合もあります。

Q.大腸内視鏡検査を受けるときの服装は?

A.大腸内視鏡用の検査着に着替えていただきます。検査着は肛門のところだけ切れ目が入っていますので、お尻を露出せずに検査を受けられます。なるべく恥ずかしさを軽減できるよう配慮していますので、ご安心ください。

pagetop